×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スマホバッテリーの消耗が抑えられ、どこでもWiFiが活用できる

バッテリーの消耗が抑えられる

今やビジネスシーンにおいても個人の場においてもスマホの多機能性には目をみはるものがあります。明日にはどんな機能が追加されるスマホが登場するのだろうと思うくらい機能豊富なスマホですが、さらにWi-Fiが使えてますます便利に。一方でこれだけ便利で豊富な機能を使いこなすにはバッテリーの消耗が気になります。

 

ちょっと音楽や動画コンテンツを見ただけで、すぐにバッテリーが切れてしまい充電回数は増えるばかりです。バッテリー消費を抑えるのにはどんな方法があるのでしょうか? バッテリーを節電するにはスマホの画面の明るさを1つでも下げて設定しておくだけでもバッテリーの消費を抑えることができます。

 

 

 

また使わない機能はOFFにしておきます。使わないのにONにしたままにしておくと通信を行っている状態になり無駄な電力を消費しているだけで損してしまいます。それにバッテリーの充電回数が増えるとバッテリーの劣化が早まるので、バッテリーの節電をまめに行うことが大事です。

外出先でもWi-Fiを活用できる

外出先でWi-Fiを使いたいのならWi-Fiステッカーが貼ってあるお店で使うことが出来ます。街中、ちょっとした公共の場でもインターネットが使えるようになりました。

 

街中どこででも使えるようにするにはデザリング機能つきのスマホを携帯するかモバイル無線LANルーターを携帯するかです。

 

 

 

特にモバイル無線LANルーターを持っていると自分専用のネットワークスポットを作ることができ良いです。モバイルLANルーターは,Wi-Fiに対応した機器で、パソコンやスマホにも接続することが出来ていつでもインターネットを快適に使うことが出来、とても便利です。

 

デザリング機能つきスマホはモバイル無線LANつきスマホと同じことで使いかってはいいけど、自分専用のネットワークをつくることは出来ません。外出先でWi-Fiを使う場合、Wi-Fiを使えるお店に入るか、デザリング機能つきのスマホを携帯するか、モバイルLANルーターを携帯するか3つの方法があります。